筆で手書きの看板

唯一無二、ぬくもりを感じる看板はいかがですか?

こんにちは、墨花舎の石川みどり(水碧)です。今日は事務所前にある自作の看板をご紹介します。
隷書体という書体で書きました。隷書体は例えば新聞社のロゴや飲食店の看板などに使われたり、意外となじみのある書体です。
読みやすい上に遊び心があると人気です。看板左、「書」には立体感をだしました。書道、手書き、木のむくもり、個性、唯一無二。自然の素材が通る人の目を引くんですね。